2014年02月03日

次男「節分」という戦い

3日は、園でも

毎年恒例の「豆まき」がありました。

次男は昨年(満3歳)の時に体験して

鬼がかなり怖かったらしくふらふら

半泣きだったようでもうやだ〜(悲しい顔)

終わってからしばらくは

「幼稚園の豆まきはしたくない!」と言っていましたが

1年経ち、もう豆まきがどんなものかも忘れたようで

何も言わず、登園していきました。

この日は、たまたま体操教室で帰りが園にお迎えだったのもあり

先生が、わざわざ顔を出してくれて

「鬼と戦ってましたよ!」と昨年とは違ったようでした。

と、言うのも次男の悪友たち(笑)は

やんちゃ君が多いので

自分だけ、怖い顔もしていられなかったのでしょう。

やんちゃ君たちのマネをして

豆をなげつけていた様子だったみたいです。

こうやって、強くなっていくんですねー(苦笑)


posted by てつママ at 00:00| 東京 ☁| 年少になった次男 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年12月21日

次男:セントラル継続にしました

昨日、振替で

初めて14時半のシークレット(笑)クラスに出席

雨だったり、公共バスが遅れた事情もあり

5分くらい遅刻したので

更衣室は誰もいませんでした。

この日は私も用事があったため

レッスンの見学はしなかったんですが

終わって

「今日、何人でやったの?」と聞いたら

「ふたりー」ですって!!(赤3です)

さすがシークレットクラスわーい(嬉しい顔)

普段のレッスンは多いと10人いるので

2人ってことは、2回分のレッスン量にあたるのでは?

そして、そして

これまたシークレットの「パパロッカー」へ

次男を連れて行ったら

こちらも誰もいませんでしたるんるん

普通の更衣室と比べて少し寒い気もしましたが

男の子なので、着替えもあっという間ですし

気温は気になりませんでした。

今日は、いろんな意味でストレスフリーぴかぴか(新しい)

知り合いのママさんが14時半クラスに連れて行ってる理由が分かりました。

ということで

いろいろストレスの元が解決できたので

継続に・・・(退会撤回届を出すそうです)

いつも14時半に連れていけるわけでもないし

14時半のクラスに入れるのも赤帽子まで。

来月1月の検定で受かると白帽子になるので

コーチから聞いた15時半で一番すいてる曜日をセレクト。

月に2回振替ができるので(週1通いの場合)

幼稚園の半日保育や冬休み中に14時半クラスに上手く振り替えていこうと思いました。

あと、長男が靴を誰かに履き間違えられて

大変な時もありました。

探しても探しても自分の靴がなくて

そばにスタッフも誰もいないし、

スクールバスはもうすぐ出てしまうし・・・で

かなり焦ったようですがく〜(落胆した顔)

その時にやっとスタッフが来たので声をかけれたということです。

その日は、セントラスの大きな白い靴を借りて帰ってきました。

あとで、電話がきて報告があったんですが

残った靴が1足あったらしいんですが

長男の靴とはサイズは一緒でしたが、

デザインや色は似ても似つかない色・・・どんっ(衝撃)

そしてこちらも名前を書いてなかったので悪かったんですが

その残った靴にも名前がなく

見つかるまで1週間を要しました。

(間違えた子?親から連絡があったようです)

しかも、その靴はマラソン大会用に買ったのに・・・

見つかる頃にはマラソン大会が終わってました・・・ふらふら

1週間も自分の間違えた靴に親も子も気づかない物なのでしょうか・・・exclamation&question

そして、

スタッフから見つかったという連絡を受けたので

取りにいったら

こちらも2点3点して

なかなか靴を持ってきません。

あげくには「サイズは?靴の色は?」とまた聞かれる始末どんっ(衝撃)

管理体制が悪すぎるどんっ(衝撃)ちっ(怒った顔)

20分程待って

「こちらは、違いますよねー」と自信なさげに持ってきたのが

長男の靴でした。

なんだか、セントラルには

いろいろ不都合が多いこの頃です。

posted by てつママ at 10:33| 東京 ☀| Comment(0) | 年少になった次男 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年12月10日

次男:鶴田式算数塾に入塾

長男も通っている、『鶴田式算数塾』

いつかは、入塾させようと思って

「機会」をずーっとねらっていました。

「機会」というのは

次男が『やる!!』という気持ちになる機会です。

と、いうのも

今までは、長男の塾が終わると

私と次男で迎えに行ってたんですが、

そうすると、

次男は、先生がやさしいので一緒に遊んでもらったり

おやつを食べたり、英語のPCゲームをしたり

当時はDVDの機器もあったため

英語の漫画DVDを見たりしていたので

次男にとっては、

この塾は「お菓子を食べ、遊びに行く所」と思っていたからです。

この状況のまま入塾させても

本人は「遊びに行く」という気持ちしかないだろうと思い

「お勉強しに行く」という気持ちになるまで待ちました。

でも、ただ待つだけでは

本人は「お勉強」の認識がないため

そのために

夏休みは「学研」の夏季講習

幼稚園の放課後行っている「ガウガウ」で国語→と言っても年少なので

最初はえんぴつの持ち方から始まり、線を引く練習がメインでした。

「コペル」や

「スマイル幼児教室」の能力開発の体験などに行き

ちょっと、普段の遊びとは違うということを体験させてきました。

その中でも、気に入っていたのが

「学研」と「ガウガウ」のようです。

「スマイル幼児教室」では、年少〜年長までペーパーは別ですが

体操のようなものは一緒にやるため

当たりまえですが、できる子たちを見て

ちょっと、引け目を感じてしまったようです。

(あと、1時間というのも体力的にきつかったようです)

そんな中で、

「お兄ちゃんが行っている塾では

1回お勉強すると、シールが1枚もらえて

10枚たまると、プレゼントがもらえるんだよー」とシール作戦で誘ってみたら

「行くー!!」といい感じぴかぴか(新しい)

ただ、遊びに行くんじゃなくて、ガウガウみたいにお勉強したらシールもらえるんだよ、と

伝えたので

意識づけもばっちりでグッド(上向き矢印)

10月くらいから月に2回くらい通い始めました。

まだ、年少なので

1回30分くらいですが

すごい集中力で楽しそうにやっています。

終わったプリントをはさむファイルを買ってあげたら

それにファイルしてプリントがたまっていくのが楽しみなようで

家でも、週末は、毎日やっていました。

今朝も、朝好きなプリントを自分で印刷して やってから幼稚園へ行きました。

昨日、今までやったプリントを数えたら

70枚超えexclamation×2

ファイルが本のようになっていくことが楽しみなようでするんるん

先生にも

次男は、数の概念が5までしっかりできているから

あとは、10までのたし算・引き算を指やつみきを使って

やっていけば、その後の

繰り上がりなんて、あっという間にできるようになるね。と

言われています。

特に次男は、先生から見ると楽しそうにやっているのが印象的だそうで

新しい単元のプリントを見ると

かなりの子が嫌がる(ひるむ)態度をするけど

次男は、笑顔でチャレンジしているから

チャレンジ精神がすごいね、と言われました。

今後は、次男のペースで進み

算数検定の12級にチャレンジして

初めての賞状をゲットするのが目標です。

posted by てつママ at 10:47| 東京 ☀| Comment(0) | 年少になった次男 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。