2014年12月18日

いじめられたお子さんもいじめている子も・・・



長男がいじめられている時に

参考にした本です。

実際にいじめられたお子さんの事例があり

それを親御さんや先生がどのように関わっていったらいいかというのを

この著者がアドバイスしています。


いじめてるお子さんの事例もありました。

読んで、心に残ったのが

子ども達は

「成長する過程」にあるということでした。

いじめている子もいじめられている子も

数年後には、心が成長して変わっていくということを

大人(親)が分かってあげた上で

「今」のその子の気持ちに寄り添ってあげるということが

印象的でした。

とにかく、読んでみて下さい。

親がいろいろ考えさせられる1冊です。






posted by てつママ at 20:23| 東京 ☀| ママの個人的な意見 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。