2013年09月13日

赤ちゃんも泣き止む「カフカくん」

今日、ZIPの「ちゅーもーく!」で

特集されていました。

赤ちゃんがいろんな理由で泣き始めた時に

この「カフカくん」の映像をアイパッドで見せて

本当に泣き止むか検証していました。

結果は10人中10人泣き止みました。

そりゃあ、そうでしょ!!

とつっこみたくなって笑ってしまいました。

カフカくんでなくても

その子の好きな番組やキャラクターの映像見せたら

泣き止んで見るでしょ!!

それよりも

新米ママさんが

この情報だけを鵜呑みにして

ベビーが泣いただけで

すぐに映像を見せてしまうんではないかと危惧してしまいました。

子どもが泣くには、理由があるわけでして

それをさぐることもなく

共感することもなく

ただ映像を見せる行為を

もし母親が続けてしまったら・・・

「怖い!!!」

その子は感情を大好きなママに受け止めてもらえないだけでなく

思いっきり泣く時間も与えてもらえない!!

何と、不幸な子たちなんでしょう・・・

私は、カフカくんの使い道を否定はしません。

たとえば、公共の場で泣き出してしまい

(本来はその場からいったん退出するのが一番だと思いますが)

それができない状況だった時にだけ

使うとか・・・

本当に最低限で使うべきだと思います。

子ども時代に思いっきり泣いて

周囲に、気持ちをわかってもらう行為は

絶対に必要な過程だと思います。

posted by てつママ at 09:49| 東京 ☀| Comment(0) | ママの個人的な意見 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。