2013年07月12日

本「どこまでも伸びていく子どもに育てる」紹介

常に、こういった本を読み続けて

子どもへの接し方、教育の仕方を

模索中(でも、大きなビジョンはもっていますが)

なんですが

今回の本も、なかなか良かったです。

実際に3人のお子さんを育てたお母さんが書いた(多分)本です。

3人とも京大、東大に現役合格していて

途中では、お子さんが大手術を経験されたり

ぜんそくで、何度も入退院を繰り返したという

持病をお持ちでも

お母さんだから、できた

ほんとにちょっとした「コツ」が書いてありましたよー。

そのコツの中には

私が今まで(そして今も)続けていたことがあり

そういうところは

すごーく共感できたりグッド(上向き矢印)

また このお母さんは「先取り」は一切させない主義でしたので

そこは違うなーとか(その子によりけりよねー)

思いながら読ませて頂きました。

我が子を東大や京大へ!なんか、

今まで 無理の無理!!と思っていたんですが

この本を読んだら

もし、仮に子どもが「行きたい!」と言い出したら

「大丈夫!あなたなら行けるよ!お母さん秘策があるから!!」

なーんて、言ってあげれるかも!?と思わせてくれたのは

この本が初めてでした。

ちなみに、私もこの著者もそうですが、

東大、京大が人生のゴールではありません。

ほんの通過点です。

それを通過点と思わせる学習法が書かれてあって

そこに魅力を感じましたぴかぴか(新しい)


posted by てつママ at 09:38| 東京 ☔| Comment(0) | ママの個人的な意見 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。